ピストン、コンロッドとクランクシャフトの洗浄

4-3-01.jpg

コンテナにお湯とメタルクリーンを入れてしっかり混ぜて、ピストン、コンロッドとクランクシャフトを浸けてみました。付着していたオイルが見る見るうちに溶け出してきます。

4-3-02.jpg

100円均一ショップで買った台所で使うブラシです。一番小さいブラシがオイル穴にぴったり入って中までしっかり洗えました。

4-3-03.jpg

30分ほど浸けた後、ブラシで擦ればこんな感じです。ピストンがピカピカになりました。この時は十分満足していたのですが、後でピストンリングを交換する際にリングの奥にカーボンが残っていました。ピストンリングは洗浄前に外しておいた方がいいと思います。
洗浄後は、5-56をまんべんなく吹き付けて錆止めしておきました。

FacebookTwitterGoogle+Line

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*