オルタネータブラケット(下側)の加工

7-2-02.jpg

ハチロク用のオルタネータブラケットを流用します。写真は下側です。上側の流用については別項でお伝えします。

7-2-03.jpg

タイミングベルトテンショナーです。錆を落として塗装してあります。真ん中のピンを万力等で縮めた状態で針金等を通して固定しておきます。かなり強い力で押し戻されるので、固定には硬いものを選びます。

7-2-04.jpg

オルタネータのブラケットを固定しようとすると、このタイミングベルトテンショナーの取付部が思いっきり干渉します。ブラケット側をサンダーで削る事で干渉を回避します。

7-2-05.jpg

削った部分がわかりやすいよう、耐熱ブラックで塗装してから削ってみました。これだけ削れば干渉しなくなりました。あまり削りすぎると、この部分の強度が保てなくなります。現物合わせで、削ったらあてがってを繰り返し、少しずつ削り込んでいきました。

7-2-06.jpg

上から見たところです。

7-2-07.jpg

あてがってみたところです。巧く削れば、もう少し削るところが少なくて済みます。組み付ける前に、削った部分を耐熱ブラックでタッチアップしておきました。

7-2-01.jpg

エンジンマウントとスティフナーとオルタネータブラケットは共締めです。この作業で、インマニ側の流用部品の取り付けが一段落しました。
次回は、ウォーターポンプの組み付けとオルタネータブラケット(上側)の加工です。
 

FacebookTwitterGoogle+Line

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*