ハチロクから4バルブ4A-Gを降ろす(2)

6-2-01.jpg

このブログの冒頭で『いろんなものがいろんなところから漏れている』と書いたわけですが、最も酷いのがここですね。4番シリンダーのあたりが激しくオイルで滲んでいます。

6-2-02.jpg

エンジンマウントのボルトは、こんな感じで首振りラチェットを使えば割と楽に緩められます。

6-2-03.jpg

ヒーターバルブのホースを抜く時にパイプが折れてしまいました。ここだけでなく、水廻りのホース類はどれも激しく固着しているので、慎重に作業した方がいいです。この部品だけ入手できるかどうか、今のところ不明です。ダメな場合はどこかで溶接してもらう必要があります。

6-2-04.jpg

ホースやハーネス、補気類が全て外れたのでいよいよエンジン降ろし・・・・と行きたかったのですが、ここでまた問題発生。今回購入したエンジンクレーンでは、ブームの長さが短くて4A-Gを降ろしにくそうです。

6-2-05.jpg

バンパー外しちゃいました。トレノはリトラの分だけ長いので、こういう事も起きると言うことで。

6-2-06.jpg
6-2-07.jpg

バンパーを外している時に、またまた問題発覚。これ、運転席側にもボルトあるはずですよね? もう、いつ落ちたのか見当もつきません。
つづく・・・
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*