シリンダーブロック周りの組み付け(2)

日が暮れかかっていたので、写真撮影もそこそこに作業をどんどん進めてしまったので、今回の記事は心なしかやっつけっぽいです。ごめんなさい。

5-6-01.jpg

オイルポンプを取りつけました。新品のガスケットに液体ガスケットを併用しています。塗布する前にはパーツクリーナーで脱脂しています。オイルシールとクランクシャフトが接する面にはシリコングリスを塗布しておきます。ガスケットが乾く前に取りつけないといけないので、作業はスピーディーに行う必要があります。

5-6-02.jpg

リアオイルシールリテーナも取りつけます。エンジンスタンドが邪魔になるのでトルクレンチが入りません。メガネやスパナでとりあえずきっちり締めつけて、エンジンスタンドから外した際に既定のトルクで締めなおすことにします。

5-6-03.jpg

トラブルでもない限り、次回のオーバーホールまでここを見ることはないでしょう。オイルパンで蓋をする前に、余計なものが入っていたりしていないか確認しておきました。

5-6-04.jpg

洗浄しておいたバッフルプレートとオイルパンです。バッフルプレート⇒オイルストレーナ―⇒オイルパンの順に取りつけていきます。

5-6-05.jpg

オイルパンに液体ガスケットを塗布したところです。乾いてしまう前に取りつけます。

5-6-06.jpg

取付完了です。

5-6-07.jpg

エンジンが形になってきました。ちょっと嬉しい瞬間です。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*