はじめに

8-13-01.jpg

AE86 (前期型トレノ 2ドアGT-APEX) オーナーとなって8年目。年式にしては程度の良いハチロクを手に入れたものの、走行距離が10万kmを超えたあたりからトラブルが続出。2009年に入ったあたりから、色んなモノが色んなところから漏れはじめてきました。同年9月に車検を迎えたのですが、そろそろエンジンを開けないと修理できないレベルにまできてしまいました。そのまま車検を通すとなると、費用が相当かさんでしまう事は容易に想像できました。

ここで何を血迷ったか、ブログ主はこんな決断をしてしまったのです。

どうせエンジンを開けるまでの修理を依頼するなら、この際思い切って念願の5バルブ4A-Gを自分で載せ換えてみよう!

ブログ主のスペックと環境は以下の通りです。

  • 仕事はIT関連企業に勤めるサラリーマン。休日の日中しか作業はできない。
  • 自動車整備の実務経験は、ガソリンスタンドでアルバイトしていた頃にオイル交換をした程度
  • ハチロク購入後、ジムカーナ参戦のために足廻り等の交換は可能な限り自分で行った
  • ガレージは屋根なし
  • 工具はハンドツールが揃っている程度
  • 予算は非常に乏しい

このブログは、そんなブログ主がネットや書籍の情報を頼りに5バルブ4A-Gへの換装に挑んだ記録を綴っていきたいと思います。また、今後チャレンジする方々に 『5バルブ載せ換えなら、ここを見ればある程度困らない』 と思ってもらえるよう、自己の経験や失敗、ネット上に蓄積されているノウハウを可能な限り集めてみたいと思っています。

なお、このブログで紹介した作業手順を参考にして頂けるのはとても嬉しいのですが、実際に作業を行われる際は、あくまで自己責任にて行って下さい。作業が原因となって故障や部品の破損を生じたとしても、ブログ主は一切の責を負いません。あらかじめご了承下さい。

FacebookTwitterGoogle+Line