ヘッド面のクリーニング

クリーニング編は一旦終わったはずだったんですが、今日の作業はどう見てもクリーニング編に入れるべき内容なので1本追加します。


バルブの擦り合わせをしている時、ヘッドの燃焼室側の面にヘッドガスケットの痕が残っているのが気になったので、バルブを一旦外して、ヘッド面とサーモブロック面をオイルストーンで軽くならしておきます。

5-1-08.jpg

エンジンオイルにしばらく浸してから、

5-1-09.jpg

荒れた部分を軽くさらうような感じであまり力をかけずにオイルストーンを大きなストロークで動かすようにしました。

5-1-10.jpg

綺麗になりました。

5-1-11.jpg

こちらも綺麗になりました。
 

FacebookTwitterGoogle+Line

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*