シリンダーブロック周りの組み付け(2)

5-6-01.jpg

日が暮れかかっていたので、写真撮影もそこそこに作業をどんどん進めてしまったので、今回の記事は心なしかやっつけっぽいです。ごめんなさい。 オイルポンプを取りつけました。新品のガスケットに液体ガスケットを併用しています。塗布する前にはパーツクリーナーで脱脂しています。オイルシールとクランクシャフトが接する面にはシリコングリスを塗布しておきます。ガスケットが乾く前に取りつけないといけ …

シリンダーブロック周りの組み付け(1)

5-5-01.jpg

リヤオイルシールリテーナーにオイルシールを取りつけます。整備書にはSSTを使うよう書いてありますが、いちいち揃えてはいられません。 部屋の隅に転がっていた2×4の端材をあてがってハンマーで少しずつ叩いていきます。オイルシールがすっぽり隠れて、ハンマーで叩いた力がシールに均等にかかるような板状の物体であれば、別にカマボコ板でもなんでもいいです。シールとリテーナが面一になるまで押し …

クランクシャフトのクリアランス計測

5-4-01.jpg

シリンダーブロックを組み付けていく前に、クランクシャフトと親メタルのクリアランスを計測しておきます。クリアランスが大きい場合は、メタルの交換が必要になります。 親メタルをシリンダーブロックとベアリングキャップにセットします。接合面には油脂が付着しないように注意します。 プラスチゲージ 緑 計測にはプラスチゲージを使用します。5バルブ4A-Gのクリアランスの基準値は0.015~0 …

ピストンのバランス取りとピストンリングの装着準備

5-3-01.jpg

4つのピストンの重量バランスを取る作業です。本気でバランスを取る場合、0.1g単位まで量れる秤を準備するようですが、お財布に余裕のないブログ主はお料理用の台秤で済ませてしまいました。台所用はあまり精度が高くないので、お財布に余裕がある場合は、ちゃんとした物を入手された方がいいと思います。まぁ、レース用のエンジンを組んでるわけではないので、ブログ主はこの程度で満足してます。 ピス …

メタルの調整・交換

5-2-01.jpg

桜も満開の季節になりましたが、記事中の作業は1月末頃でした。 寒い日が続いていたので、室内での作業が続きます。 洗浄済みのクランクシャフトベアリング(親メタル)とコンロッドベアリング(子メタル)を軽く磨いて調整します。いずれも一部を除いて程度がよさそうなので、お財布と相談して再使用することにしました。 マスターブック(エンジン編)に従い、耐水ペーパーで軽く撫でてコンパウンドで軽 …